墓穴を掘ってしまった父親

お父さんこの服どう、ちょっとAV女優に見えるかなと年頃の娘が話かけてきました。突然のプチ衝撃的なコメントに戸惑いながら、声のする方を見るとおめかしをした娘が立っていました。その様相はちょっと派手なお姉さんという感じです。どうやら友達とショッピングなどで繁華街に出かけるようで準備をしているということろです。唐突に予期せぬ言葉を娘に投げかけられた私はとっさにAV女優と言う言葉に反応してしまい、服装のことではなくある女優の娘さんことを口にしてしまいました。その娘さんは母親がかなり有名な女優さんで、その遺産を使い切り借金返済のためにAV女優に転身したとニュースになっていました。どうしてだか咄嗟にそのAV女優さんのことを話してしまうと、娘はしっているよ、稼げていいねと言いました。娘はAV女優はすべて昔のロマンポルノ映画のようなものと思っているようでした。なかにはえげつない作品もあるよ、だから撮影のことでトラブルも起きていると話はどんどんと行って欲しくはない方向の深みにはまっていきました。結局、服装の話はどこかに消えてしまい、後に残ったのはAVに興味を持った娘になってしまいました。そのため、話を適当にごまかしながら早々に玄関まで娘を送りだすことに必死になっている父親になってしまいました。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です